2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

RENTAL GIBSON

Shin
今日はそのguitarを掻きならしてたら・・・周りで歌声(^-^)けど鈴なり感は無かったかなあ(@_@)guitarの善し悪しは難しかあ!今回は音に拘り続けるよ

2007年2月27日 (火)

音楽の夕

FUJITA

 25日は、HATTORIと久しぶりLIVEに行った。もちろんSHOT GRASSの…。BANDにとって馴染みの店で馴染みの客と…といったLIVEは、気負いのない緩い感じの俺好みの空間を創り出していた。やっぱ演奏は、ぴかいち。特に西さんのギターには毎回圧倒される。呆けたようにギタープレーを見ていた俺を見て、楢崎さんがステージの上から笑っていた。後半の楢崎さんの歌は心に響く誠実でパワフルな歌い方だった。やはりヴォーカリストなら、最後はあんな風に喉のこととか考えずに熱くなったがかっこいい。

 LIVEの後は、挨拶もせずに店を出た。ごめんなさい。またLIVEに来ますから許して!それからFUNKYの田代さんごちそうさまでした。キャプテンが出してくださったウーロン茶最高でした。

 その後は、HATTORIとKOKOへ行ってガコさんとユウヒくんに久しぶりに会って楽しいひと時となった。あそこで話をすると近頃ほっとしている自分に気づかされる。ガコさんが出してくださった牡蠣が最高にうまかった。店を出て、俺は呑んでなかったからHATTORIを車で送る。車の中でその日echoで買ったVAN MORRISONのLIVEを聴いたが、これがまた夜のドライヴに最高にあうサウンドトラックだった。そろそろLIVEがしたくなった…。

2007年2月26日 (月)

GUITAR

Shin

 Guitarっていう奴は不思議なもんで,もう既に持っているにもかかわらず,また新しいものを欲しくなってくる。そんな経験の持ち主は結構いるのでは…LIVEでアコギを弾くつもりは無いのにアコギが欲しくなっている今日このごろ。普段さっと手に持ってさっと音が出せるというのはやっぱり良い。てなわけで,久しぶりにまたまたGuitar症候群なり!<(_ _)>

2007年2月24日 (土)

RIDING ON THE STORM

Shin

 今日は昼から,結婚式で歌う曲の音合わせ。うちの職場の先輩に無理矢理Guitarを弾いてもらおうと,以前からお願いをしていた。(^o^)たまたま二人の時間が合って,1時間程度。二人ともGuitarを手にして,伝授タイム。(^O^)最初は曲の構成やサイズがなかなか掴めない様子だったが,何回か無理矢理繰り返していくうちにだんだんまともになってきた。(*_*)どうだろう?でもGuitarをさわること自体数年ぶり…とか?そして無理矢理アコギを貸す俺(^_^)。今夜先輩のご家族は,久しぶりのLIVE演奏を家で聴かれることになるだろう。

2007年2月23日 (金)

LYRIC

Shin

 昨日の夜,ボブディランのDVD1枚目をずっと見ていたけど,かなり孤高のミュージシャンであることが伝わってきた。彼の歌というよりは,彼の書く詞に共感を持つ人達との関わりの中で,彼は自分の世界を築いていったのでは…聞く者がそれぞれの解釈で味わえるというスタンスでの曲作り。作詞。自分のことを考えると,ストレート過ぎる歌詞じゃやっぱり薄いとやろかあ…どうやろね?
 ベタベタのLOVE SONGを3月の仲間の結婚式でやるけど,結婚式に相応しくない感じの詞じゃちょっとね<(_ _)>

2007年2月22日 (木)

平日から…

Shin

 2/20の夜,仕事帰りのMARTIN氏現る。小脇に抱えていたものは,ボブディランのDVDとCDとTALKING HEADSの DVD。平日にもかかわらず23:00くらいまでビール&焼酎を飲みながら,相変わらずの音楽談義。今夜こそはじっくりDVDを見ようと思う。ちらっとボブディランの1枚目を見たけど(^o^)エレキに持ち替えてのLIVEに批判集中の時の映像が…

ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム

2007年2月20日 (火)

季節外れの春一番だよ~♪

FUJITA

Shot_grass

 今度の日曜日25日は、SHOT GRASSが、西唐津のRIKIでライヴをやられるそうですが、皆さん行きませんか?『雲を纏った月のように』左のアルバム、本当にじわっと魂に来るいいアルバムです。酒をちびちび呑みながら静かに一人で部屋で聴いてもいいし、ライヴハウスで何人かと騒ぎながら聴いてもピッタリ来るアルバムです。どちらでもはまるアルバムって案外ないものです。どの曲も素晴らしいですが、今の俺には、一力さんに捧げたという「不機嫌な月と赤燈台」は特に心に染みるいい歌だと感じました。ライヴで聴くとまた格別です。アルバムを通して、西さん、江田さんの両ギターは、絡み合いながらも、住み分けがきちんとできていて、お互いの個性が出たプレイを聴かせています。どちらもブルースを堪能させてくれる素晴らしいプレイでため息がでます。あんなプレイができたら気持ちいいだろうなぁと羨ましいかぎりです。(それなら練習せろって!)山口さんのドラムは、派手ではないですが、ステディなプレイが渋くて、また静から動への展開がとても迫力がありドラマチックです。それに笹貫さんのベースが絡み、見事なグルーヴを作り出してとてもかっこいいんです。楢崎さんはもう、そこにいるだけで存在感のある人で声にもキャラにも個性バリバリ、男臭くて、心優しいロッカーです。俺も知り合いになって、まだ長くはないのですが、みなさん気さくで心優しい素敵な大人の方々です。楽しいライヴになること請け合いですから一度ライヴに行かれてみては?地元でゆっくり楽しめるのがまたいいんですよね。ちなみにアルバムの絵は江田さんの筆によるものです。アーティストですねぇ~。お見事!

2007年2月19日 (月)

I have no idea.

Shin

 曲作りについての構想はもう絞ってもカスも出ません。(/_;)ギターを握っては適当にCodeを掻き鳴らしては置き,置いては握って…どれもこれもパッとしない。こんな時は,諦めて他のことに勤しむ。それが一番(^O^)
 でも何か曲作りのコツとかあるとやろうか(@_@)天から降ってくるとか,溢れ出てくるとか聞いたことあるばってん,全くカスも出ません。(*_*)みんなどがんしおるとやろうか?

2007年2月18日 (日)

ROCK'N'ROLL GYPSIES

FUJITA

 なんだか中年男のノスタルジー・ロック談義と化しつつあるこのコーナーである。近頃、 新しい音楽を聴いていないので仕方ないが、ちょっとやばいかなぁ。しかし今回も古いお話。「もうお前たちの昔話はよか!」と短気をおこさず暫しお付き合いのほどを。

 音楽に興味を持ち、ロックに興味を持ったころは、ハードロックブームの真最中。ギターを持ったが、友達の早弾き技にショックを受け、ギタリストの道は、あえなく断念。そんな俺を救ってくれたのは、パンクムーブメントだったかもしれない。そして当時は、歪んだ分厚いディストーションサウンドギターが主流だった時代、そんな時にダイアーストレイツのギターは衝撃的だった。最初、音がうすーい(本とはそうじゃないのだが、あほな俺は当時そう聴こえた。)ペラペラピキピキのギターの音の良さを理解できる訳もなく、「しょぼいギターの音やなぁ。」と思っていた。しかし彼らは、売れに売れた。そして日本では、ルースターズとの出会い。ロージーのギターもペラペラでスカスカ。「なんだぁ~、ひょっとしてこれからはこんなんが、かっこいいのかもしれんなぁ。」と聴いているうちにあえなくノックアウト。ハードロックばっかし聴いてたらきっとギターなんてあの時点で諦め、今頃健全なロックファンとして余生をおくっていたことだろう。しかし「こんな俺でもまだバンドをやれそうな気がしてきたぞお。きっとやれるに違いない。いや神はきっと俺に音楽を諦めるなとおっしゃっておられるのだあああああああああ。」とアントニオ猪木ばりの掛け声で、超自己中心的な結論に至り、その後、未だに音楽を続ける人生となる。  

それでも、何度か音楽を止めようとした時期はあった。その理由は様々だったが、今のバンドをShinさん,MasajiHattoriのメンバーでもう一度やってみようRocknroll_gypsiesと考えたきっかけは、ROCK’N’ROLL GYPSIESの出現である。それまで3ピースのフォーキーな音楽をしょぼしょぼと(メンバーの方々すみません、あれはあれでかっこよかったと思っているのです本当は…)やって、歌っていた俺だったが、そんな俺を変えたのは、ルースターズのメンバーが、古いナンバーでなく今の時代に向けてのロックを始めたからだ。それを若い人たちが、リスペクトし認めて歓声を上げていた。俺がかっこいいと思う音楽は、けっして時代遅れにはなっていない、そう感じた。もう一度ギターを握ってデカイ音をバンドで出したい。今聞いてもこれは、けっこうワクワクする音じゃないか、いや今の時代だからこそ、こういった音もあってほしいと思うようになってきた。40代以上の人間の懐メロでない、現在の最新型ロックンロールがジプシーズの中にはある。決して渋いばかりでない、本当にかっこいいロックがある。ボー・ディドレーやジョン・リー・フッカーみたいな音を21世紀型にきちんと昇華したブルースやブギー,音楽がここにはある。あんたもまだまだ老け込む歳じゃないでしょう。クラプトンやストーンズ,二ール・ヤングなんかの洋楽を聴かんと大人のロックは語れないと思っちゃいませんかぁ~。日本もいいバンドがいっぱいいるよ~。テレビに出ている値札と手垢の付いた音楽ばっかり聴かずに、これを聴いて俺たちの世代の最先端ロックを楽しもう。3月11日には福岡のCBでライヴがあるよ~。ぜひ一緒に行きまひょう。今から楽しみ,これを人参にお仕事頑張ります。それではまたね。

PS,もちろん俺たちのバンドの音は、ジプシーズとは雲泥の差があります(涙)。

2007年2月17日 (土)

BLANK

Shin

 本日,『博多とロック』読破!思い起こせば19歳のころから大学の仲間と始めたBAND活動。といってもリーダーに誘われるがままに身を委ねてみたいな感じだったかなあ(^^;)初めてstudioを借りての音出しの時は確か「GOOD DREAMS」(THE ROOSTES)だったかなあ。他にも数曲やったような記憶だけはあるけど何の曲だったかはさっぱり…<(_ _)>演奏はおそらくメタメタだったのではないかと思うけど,初めての経験だったことも手伝ってか,とにかく大音響でやること自体が気持ちよかったことだけ記憶している。「こりゃあやみつきばい。」(^O^)最初の頃は,DRUMSもBASSもなかなかメンバーとして定着しなかった。それでも新しいメンバーを次々にほじくり出してくるリーダーの逞しさにはびっくりだった。しかも,新しく加わってくるメンバーみんながリーダーの人間性に惹かれて…なのかは定かではない(^^;)しかし,自分自身彼との出会いがなかったら音楽に足をつっこむことは無かった。24歳までにDRUMSは○人?BASSは○人?変遷を遂げていった。そして,JOLLY DOGでのLIVEを最後に長年VOCALを務めてきた自分も脱退!いろいろな環境が変わってきてのことだったように思う。それから,十数年悶々と…まあいろいろ音楽以外のことにのめり込んでた時期があったような(^_^)それは機会があればいずれ…
 めんたいロックの生き証人(彼にとっては失礼な呼び方かも知れないがご容赦)山善こと山部善次郎は自分と同じ24歳で博多のロックシーンから一時期遠ざかったことがあったそうだ。誰もが経験する就職か夢を追い続けるか…そして山善が福岡を離れほとんど音楽に関わることがないまま29歳を迎えたある日,あることがきっかけで強い回帰願望を抱き,音楽の世界に舞い戻り今に至る。(『博多とロック』より)2006.12.10ZEPPのステージで「ROCKがあるけん博多たい!博多があるけんROCKたい!」と昔のまま。思えば自分が19歳の時に見た山善のステージパフォーマンスは復活直後の姿だったのだ。ステージ上から水を浴びせかけられた俺?(リーダーの記憶によると(^^;))すごいボーカルのパワーに圧倒された。山善が音楽に帰って来たのは,周りで支えてくれる人達や仲間がいたからだと強く語っている。自分の場合も

2007年2月16日 (金)

The KIDS

Shin

 『THE KIDS』の「COMPLEX HERO」「1945年の彼に」「HITOHATA」「NOISE」という楽曲は胸を打った。まだ10代の純粋な心にはあまりにも衝撃的だった。Guitar&VocalのKIRIAKEの抜けた声はびんびんと心に響いた。カセットテープが擦り切れるまで聞いていた。そのころの曲はもう手元にない。CDに姿を変えているのだろうか?『THE KIDS』はその後,しばらくの沈黙?活動拠点を東京に移し,1990年の「KNIFE」1991年の「JAP」1993年の「REAL LOVE」と3枚のALBUM!(他にも出てたかなあ…)今も我が家の棚にそれは並んでいる。沈黙の後,久しぶりに聞いたKIDS。中でも「KNIFE」に収録された「MACHINGUN JOHNNY」「ALL THE JESUS BELIEVER」「RUSH EMOTION」「雪は…」痺れた!今も彼らは…?

2007年2月14日 (水)

ROOTS

Shin

   音楽…幼き頃,誰もが何となく認識し始めるように,普通に世の中で流行っていたものが勝手に耳に入ってきた。12歳のころ,故郷の夏祭りに家族に連れられて行ったときに,RECORD SHOPの入り口に備え付けられているTVの前で「キャーキャー。」と騒ぐ女性たち。流れていた映像は『ベイシティーローラーズ』のLIVE映像!たいして気に留めることはなかった。中学生ん時もまあ音楽は普通の環境!決して目覚めることはなかった。ただレノンの事件だけはニュースの中でものすごい扱われ方をされていた。確かな記憶だ。そして,18歳…誰かさんに初めて連れて行かれた福岡のLIVE HOUSE!そこは,プロじゃないアマチュアバンドのイベント!ひどい話だが,全部が同じ曲に聞こえて仕方がない!(^^;)しかし,何度か足を運ぶうちに,彼らのエネルギーの源みたいなものが何となく伝わってきていて,気づいたときには,彼らの音楽というよりもポリシー,生き方,考え方,正直さ,純粋さみたいなものに惹かれていた。当時博多を賑わせていたアマチュアROCK BANDたち。…『THE ACCIDENTS』『THE KIDS』『ANGIE』『MODERN DOLLZ』『HEAT WAVE』…当時ANGIEの「嘆きのバンビ」というアルバムをJUKE RECORDに買いに行った。「これ下さい。」と差し出した先にいたバンド風のバイト兄さんはなんと中谷のブースカさんだった。嬉しそうなあの笑顔は今もあの日のままに…2006.12.10の『LIVE博多のROCKに体当たり』は最高だった。

博多とロック―12人のミュージシャンに見るロックな生き方

2007年2月13日 (火)

PUNK IS ATTITUDE

FUJITA

 ロックやレゲエは、その昔、レベルミュージック(体制への抵抗の音楽)と呼ばれた。俺たちの子どものころは、ロックは不良の音楽と呼ばれていたが、その背景にはこういったロックが持つ反体制的なメッセージ性の影響がないとはいえない。そして今も多くのミュージシャンは権力に対峙し、差別,飢餓,貧困,病気,戦争,テロ,災害などの社会問題に敏感である。俺自身、子どものころからこういったミュージシャンの影響を受け、世の中の見方を学んできた。反体制的考え方の影響を受けたミュージシャンをざっと挙げても、ボブ・ディラン,ジョン・レノン,スティーヴィー・ワンダー,ブルース・スプリングスティーン,ジョー・ストラマー(クラッシュ),ボブ・ゲルドフ(ブームタウンラッツ),ボノ(U2),REM等、枚挙に遑がない。こういった人たちの言葉からJoe_strummer Clash 俺は、公民権運動やアパルトヘイトの問題,イギリスの労働組合運動やテロなどを直感的に知っていった。もちろんストーンズのように政治的であることを嫌うミュージシャンも一方には多くいるのだが…(誤解を招かぬようにいうと俺はストーンズも大好きである。)。

 そこで今回は,クラッシュである。音楽的に俺のベストは『ロンドンコーリング』。パンクロックという枠に捕らわれない自由な音楽が此処にある。そして現在聴いても生き生きとしたエネルギーに溢れ、何よりかっこいいのである。そしてファーストの『白い暴動』もとても重要である。こちらには、パンクロックとしてのクラッシュの全てが凝縮されているといってもいい。彼らが此処で発した様々な問いかけは、2006年の今でも大きな意味を持っている。

 ここで俺の大好きなジョーのエピソードをひとつ紹介する。

…ステージ終了後のドレッシングルームにつめかけたファンの少年がジョーに「クラッシュにしてはチケットが高すぎるよ、ジョー。」と言った。ジョーは、こう答えた。「これが精一杯なんだ。ツアーをやるには、スタッフも必要だし、交通費やホール代も高くなった。信用してくれ。これがギリギリの線なんだよ。」「でもジョーすぐに用意できる金額じゃないよ。」チケット代は2.5ポンド(およそ1300円)。帰りの旧式のおんぼろバスの中で、無言のジョーは涙を流していたという。…

みんなはこれを青臭いエピソードと笑うだろうか…。その後、彼は「子どもたちのためにコンサート会場を作りたい。そしたら1ポンド(約540円)でライヴができる。」といっていたともいう。ベストセラーに輝いた『ロンドンコーリング』の2枚組みのアルバムも当時は1枚分の値段で発売しバンドの利益はほとんど無かったと聞く。そんな彼も、2002年還らぬ人となった。

 Punk is attitude.

彼のこの言葉は、俺にとって今も大きな意味を持っている。

2007年2月12日 (月)

Like a rolling stone

Shin

  昨夜は久しぶりに,高校の同級生たち6人で宴会!飲みながらの話題の中で熱く世代の音楽について語るMARTIN氏!ボブディランのLike a rolling stoneを軽く鼻歌!二次会ではビートルズのオンパレード!IMAGINEやHELP ,POWER TO THE PEOPLEを熱唱!WE ARE THE WORLDの時にはなぜか自分にもマイクが回ってきて気づいたら歌ってましたね。その他,中森明菜メドレー,チェッカーズメドレー,川の流れのように…いやいやみんな元気元気!本日は二日酔いで少々疲れ気味です。

ワールド・ツアー 1996 ザ・ホーム・ムービーズ&1966-1974 DVD ワールド・ツアー 1996 ザ・ホーム・ムービーズ&1966-1974

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

LOVE (DVDオーディオ付) Music LOVE (DVDオーディオ付)

アーティスト:ザ・ビートルズ
販売元:東芝EMI
発売日:2006/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年2月11日 (日)

本日は○○回目の○○記念日

Shin

 昨日の夜は、故郷のMUSICIANであるMARTIN氏から電話あり!ちょっとした歓迎会を催すことになり、お客さんを招いて宴会の前に彼のプチライブ!電話でかなりのLOVE CALLをもらったけど、今回はちょっと・・・行けばおそらく歌うことになっていたと思います。全然場違いなところへ行く勇気はありませんでした。申し訳ない!聞くところによると、PAをセッティングしてきちんとした音でできたとか・・・2曲のLIVE演奏の後MARTIN氏は宴会へ突入!今日は二日酔いだったとか・・・お疲れ様でした。

2007年2月10日 (土)

祝・DIARY開設

FUJITAです。これからはここに書き込みをしていきます。不適切なものがありましたら削除しますのでご連絡ください。また記事に関する感想などをBBSの方に書いてください。よろしく。Mini_1

REBEL Rock'n Roll DIARY 始動

Shin

 メンバーのROCKな日々が今日から綴られていくことになりました。まあ自由に気の向くままに書いていきますので、みなさんよろしく。

トップページ | 2007年3月 »