2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

映画は好きかい?

FUJITA

 昨日はちょっと長く書きすぎたかなぁ~???少々反省。よって今日は、短く。

 僕の若い友達が、イカシタ映画評のブログを書いています。すごくカッコいいから映画好きで、このREBELのサイトを覗いてくれてる人がいたら、そちらも是非覗いてやってください。そして彼へ応援のメッセージも良かったらよろしく…。アドレスは以下の通りです。

http://ameblo.jp/tainyou/entry-10035240331.html#c10052181743

2007年5月30日 (水)

How about REBEL MUSIC ?

FUJITA

 REBELの曲は、皆さんにはどう聴こえているのでしょうか?

 日本のヒットチャートを揺るがす曲は、甘く切ないラヴソング(これが大半)か「楽しけりゃいいじゃん」的なパーティーソング、またはソウルやヒップホップ系の音が主流ですよね。その一方で大人の音楽と言ったらコテコテバリ渋!のブルース、リズム&ブルースやラグタイム、カントリー、お洒落なジャズ、超絶テクニックのフュージョン、ボサノバやラテン音楽、クラッシック、演歌等などといった所でしょうか!?しかし、そのどれともREBELの音楽は重なることができずにいます。

 僕が音楽を始めた70年代後半から80年代前半はフォークが終わりハードロック、パンクからニューウエイヴ、ネオアコースティックの時代でした。その後のグランジあたりまでは、きっと僕らの世代なのでしょうね。そんな中にきっとREBELの音楽のルーツがあるとは思います.

  僕らが、REBELというバンドで目指しているものは、シンプルで分かりやすい物…。単純なリフレインの中からグルーヴを感じてもらいみんなで楽しめたらいいなぁと思っています。僕らの音楽をマスコミを通して知ったりして、普段からずっと聴いてくれているような人はほとんど皆無な訳ですから、ライヴ会場でお会いする人たちは、基本的に「REBELを初めて聞く人」というのが前提となるわけです。そういった人には、その場で何度も繰り返すこと(リフレインすること)で、曲の雰囲気を覚えてもらうしかない。早く曲が理解できればノレルわけだからシンプルであることはやはり重要なようです。そしてついでに(というかこれがホントは大切なんでしょうが)ロックの持つクールさやカッコ良さが、その上に出せたら何よりだと思っています。

 カッコよくって、甘く切なくて、心を癒してくれるような音楽は若い人たちに任せます。渋くて技巧的な演奏は、これまた、歳はとっているけど全~然無理!

「だったら音楽やめなよ!」と言われても仕方ない状況ですが、その止める潔さも持ちきれず、早幾年…。

 しかし、ある時期のある場所にあったあの音楽を聴いてきた人たちには、そっと伝わる何かも持っている曲たちであると思っています…。

 よって、結論から申しますれば、「僕らにはこれしかできない。」ってことなのですが…。

 とにかく、ここにあるものは、コマーシャリズムとは無縁の僕らとあなた方だけの音楽(限定品、地ビールみたいなもの)。唐津の町の中にも僕らみたいなバンドは、あまり見かけないと思います(いい意味でも、悪い意味でも…)。これからも、ライヴでこのREBEL MUSICを僕らと一緒に育ててあげてください。

 この国の西の端の小さな町で、僕らなりのパブロックをみなさんと一緒に作りあげられたら…と願っています。テレビから流れてくる、たくさんの人の手垢と業界の値札がついた音楽には無い、拙いけど僕らとあなた方だけのためのREBEL MUSICたちを、これからもよろしくお願いします。

2007年5月29日 (火)

告知です

Shin

 それでは,告知させていただきます。出演は3番目で,だいたい3:30~4:00までの30分間の出演になります。友人,ご家族お誘い合わせの上,ご来場下さい。お待ち致しておりますよ。

Hamaotofes0001_1

2007年5月27日 (日)

鹿島デヴュー!

FUJITA

 昨夜は、レンタルDVDの店で唐房男のBASSの繁田さんに偶然お会いしました。またいつか一緒にやらせてもらえたらと思っています。

 ところで、Shinさんが、彼の地元鹿島市にてREBELとは別プロジェクトでライヴをするようです。アコースティックのユニットです。REBELの曲もやってくれるみたいですよ。みなさん、応援に行ってあげてください。詳しい事は、きっとShinさんから紹介があることでしょう。Shinさん、がんばってね。

2007年5月21日 (月)

反省会

HATTORI

 土曜日にFUJITA家で2回のライブの反省会があったようです。参加したかったのだけれど、旧い友達の結婚式に出席し、しこたま飲んで、撃沈。

 次のライブのために、また練習だな。

更新完了

Shin

 HPの更新に昨日はかなりの時間を費やした。DVDから動画dataを吸い上げて,それをwmv形式に変換して,その中から静止画像を抽出…面倒くさい作業を久々した感じ。半分忘れかけていた。よく思い出せたものだ。E氏に感謝。FLASHの勉強をそろそろやてみようかと思ってるよ。E氏一緒に大和インター近くまで勉強に行かないかな?7月下旬

2007年5月18日 (金)

バンドデビュー!

ギターのFujitaの愛息Tomoくんが、パーカッションでバンドデビューをはたしました!初めてなのに、一人でドラムに合わせて、上手に叩いていました。立派なミュージシャンになれることと思います!Tomoくん、頑張れ!
Masa2

2007年5月14日 (月)

SPECIAL THANKS EVERYONE!

FUJITA

今回のライヴでたくさんの人に自分たちが支えられていることを再認識した。1日目のFUNKYでの写真がないのが残念だが、KOKOでのライヴに来てくれた人たち、スタッフの人、お店の人たちの写真を感謝の気持ちをこめて一挙に掲載します。肖像権を無視していますから、掲載をやめて欲しい人は、連絡してください。みんながいなけりゃ僕らはライヴはできません。これだけはハッキリしています。これからもREBELにライヴをさせてください。本当ににありがとう。SPECIAL THANKS EVERYONE !Dsc02778_6 Dsc02779_1 Dsc02780 Dsc02781 Dsc02782 Dsc02783 Dsc02786 Dsc02787 Dsc02788 Dsc02789 Dsc02794 Dsc02800 Dsc02801  

2 DAYS

 Shin

 こんなに間のないLIVEは初めてでした。2日間とも来て下さった方もいらっしゃったようで,重ね重ねお礼を申し上げます。ありがとう。それから,今回ははるか遠い太良から来てくれたK氏!ありがとう。そのうちゆっくり飲みながら,また音楽談義に花を咲かせよう。

2007年5月13日 (日)

C’mon everybody, Let’s get together tonight!

FUJITA

11日はありがとうございました。その後、BBSにも書き込みしてくれてホントうれしいっす。ところで本日のライヴは急に決定したためもあり、会場に来てくださる方が少なそうで心配しています。「どうしようかなぁ…???」と迷っているあなた、「明日仕事やけん、今日は大人しくしとこ…。」と分別ができる立派なあなた…、そこをなんとか私どもを助けるおつもりになり、ちょろっと会場へ足を運んでください。おねげぇしますだ~お代官様ぁぁぁぁ~。チケットは前売りはありません。2000円で1ドリンク飲んで、オードブルを頂いて…ねっ!悪い話じゃないじゃないですかぁ~!「晩御飯何にしよっかなぁ~??」「作るのめんどくさいから外食にすっかなぁ~!?」とお考えだったあなた、こりゃ~渡りに船、ライヴに行くしかないですよ!本日は、対バンの方の都合が悪くなったみたいで、私達だけになるらしいので、お客さんもREBEL応援者のみになりそうです。ゆったりと見ていただけるはずです。(しかし音楽はうるさいけどね。)たとえ1人しか来られなくてもそりゃ~魂込めて演奏しますYO~。頑張りますのでよろしくね。それでは夕方6時半に会いましょう。

2007年5月12日 (土)

ありがとう

FUJITA

昨夜は、本当にありがとうございました。今年最初のライヴのできは今ひとつでしたが、懐かしい顔にたくさん出会えてホントうれしかった。

 『唐房男』の人たちもとても感じのいい方々で知り合いになれてうれしく思いました。曲調もパンキッシュでなかなかカッコよかったです。MCも人柄の良さが伺えて最高でした。また、ご一緒できればと思います。

 FUNKYの方々にもいつもお世話いただきありがとうございます。2周年おめでとうございます。今後もよろしくお願いします。

 たくさんの友だちに会えたのにデジカメを持っていかなかったのが残念でなりません。みなさん今度また写真撮らせてください。

2007年5月10日 (木)

ライブ前日!

Masa2 明日ライブだというのに…仕事やその他もろもろが、忙しくて、何となく気持の高まりがないような…やる気がないわけではないんだけど…それだけリラックスしてるってことかも?でも、明日は、頑張って自分達なりのいいライブしようと思ってるので、みんな来てね!

ちょいと一杯

HATTORI

 剣道の試合の時も、ライブの時も始まる前の余裕の時間に飲む1杯のビールがうまい。

しかし、

サッカーの試合の時にこれをやったら大変なことになりそうなので、これは出来ない。

11日が楽しいライブになるように、がんばります。

2007年5月 6日 (日)

最終リハ

FUJITA

4人での最終リハ、本日終了。後は本番当日。不安は大いに残るが、しゃあーない。こんな状態ですが、みんな来てね。

2007年5月 5日 (土)

心の休日

FUJITA

3日の日は、友だちやバンドのメンバーを呼んで俺の家でバーベキューをした。大人と子ども、合わせて30人以上が集まってくれた。久しぶりにあった友だちに心やすらぐ時間を過ごせた。REBELのライヴにもよく顔を出してくれる人たちで、こんな気のいい人たちに支えてもらって幸せだと思う。いくつになっても友だちっていいねぇ。11日と13日のライヴもよろしくたのむよ。

2007年5月 1日 (火)

唐津youthful 2007

FUJITA

 早いもので、もう5月ですねぇ。本日は労働者の祭典MAYDAYでした。みんな参加しましたか?

 ところで29日の夜は、『唐津Youthful 2007』というライヴを見にMasa2と一緒にKOKOへいってきたよ。唐津出身のマット君率いる『Jamgo5』がプロデビューを果たしての凱旋ライヴとでも言うのでしょうか…?

 俺が彼を知ったのは、隼人を通してでした。もうかれこれ10年くらい前になるかもしれません。久しぶりのマット君は洗練された都会の青年となってました。歌声は以前よりハイトーンになったように感じました。さすがプロです。曲調もバラエティーに富み飽きさせないステージは流石でした。久しぶりに話もできて良かった。

 いっしょに『はちみつボイス☆知展』さんや『UFO BEAM』のみんなも出演していました。はちみつさんとは以前一度KOKOのライヴで一緒にやらせてもらった気がしますが、 相変わらずの温かいステージでした。お話も少しできてよかった。

 『UFOBEAM』はBassのダイキ君が脱退したようで、アキヒト君とプリン君の弾き語りのスタイルでの参加でした。これはこれで、なかなかしっとりとしていい演奏でした。特にプリン君のギターのアレンジは歌を引き立てるもので素晴らしかった。もちろんアキヒト君の歌は最高でしたYO。ドラムのハルカ君はスタッフでがんばっていました(偉い!)。ダイキ君と UFO BEAMの3人の今後が、また素晴らしいものになることを心から祈っています。 

 その他にTheValentineShopとLEVEL13も演奏していたけど、どちらもカッコ良かったです。お客も盛り上がっていて唐津の若者たち(一部年配の…)の熱い夜となりました。

 会場では、友人のF氏にも会いました。彼は俺達のアルバムのCDに絵を提供してくれているアーティストですが、彼が製作した映画に UFO BEAM が音楽を提供していたのでその映画のDVDをアキヒト君にプレゼントしていました。絵を書くアーティストF氏は「音楽という表現手段に嫉妬を覚える」と言っていました。音楽を褒めるこれ以上の言葉はないかもしれないね。

 Dsc02687_1 Dsc02683_1  ニューアルバムのCM中のハルカ君    こちらはアキヒト君とF氏とMasa2

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »