2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 晩秋の海 | トップページ | たいせつなもの… »

2008年11月16日 (日)

我が家のWATCH DOG

Shin

 2003年5月に沖縄に行く機会がありました。その旅は,自分にとって初めての沖縄訪問で興味津々でした。まず着陸態勢になかなか入らない旅客機は,那覇空港?上空で何度かぐるぐる旋回をした後,ようやく着陸態勢に入り着陸。それから4日間沖縄に滞在しました。その4日間で口にしたり見た物と言えば…たくさんあるなあ。もずく,海葡萄,サータアンダギー,泡盛,ゴーヤ,オリオンビール…旨い物をたくさん口にしました。それから,沖縄独特のお墓,屋根の上にある水のタンク,何処の家の門にもあるシーサー,たくさんの米軍基地,摩文仁の丘にある礎,摩文仁平和祈念資料館,ひめゆり平和祈念資料館,一家全滅の家…それからたくさんの沖縄にまつわる話を聞きました。機会があればもう一度行きたいですねえ。写真は,土産に買ってきたシーサー。しっかり我が家の平和をテレビの上から守ってくれています。

Img_0513

 最近お亡くなりになられた筑紫哲也さんが生前「mediaは権力を監視するWATCH DOGの役割を担わなければなりません。」と言っておられました。「たくさんの少数意見を世に出していくことこそが大切である。」とも。最近のテレビのニュースをどういった気持ちで2匹のシーサーは聞いているのだろう。我が家版シベリアンハスキー

« 晩秋の海 | トップページ | たいせつなもの… »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

 筑紫さんの死は、本当に残念でした。メディアの中の数少ない良心といった方だったように思います。筑紫さん亡き後の今後の報道は、どうなっていくのか益々心配です…。沖縄のことも誠実に紹介されてきた人でしたね。
 近頃久しぶりに灰谷健次郎の『太陽の子』を読み返してみました。若かった頃、僕にとって沖縄を初めて教えてくれた本でした。今読んでみると忘れていた部分が多く、また読み取れていなかった部分も多々あり、たいへんためになりました。40代になった自分を見つめ直し、「俺はつまらん大人になったなぁ。」と反省させられ、もう少し頑張ろうと感じました…。

沖縄の話… 実は5年生になる次女がサッカーの県の選抜に選ばれて、12月の5・6・7日の日程で沖縄で開催される九州大会に参加します。私も高校の時と社会人になってからと2度ほど沖縄へ行きましたが、(国体です)終始、試合中心の日程でしたので観光というものを全く経験していません。記憶にある景色、印象は「米軍基地」、「シーサー」、「迷彩服」、「アメリカ人」、「青い海」かな…?
娘にはサッカーの試合だけでなく、いろんな景色、小学生に理解できる程度の歴史なんか感じてきて欲しいなと思います。私が出来なかったので…。って親に出来なかったことは子供に望んではいけませんね! だから沖縄に行く前に少し親子で今回行くところの予習をしてみようと思います。
親子のかかわりのきっかけを作って下さったFUJITAさんに感謝!!

親子で予習…素敵ですね。良い旅となることでしょうね。お気をつけて行ってきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/217870/25381876

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のWATCH DOG:

« 晩秋の海 | トップページ | たいせつなもの… »