2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

少しゆっくり…

今日は、今週土曜日出勤するため、代休で休み。しかし当然のごとく、本日も休日出勤。なかなか、ゆっくり休みは取れない仕事です。だけど、休日出勤は、少しゆとりを持って、しごとができるのでそんなに嫌ではない。普段もこれくらい、余裕を持って仕事をやれるといいんだけどね。それでは、いってきまぁ~す。(F)

2009年10月27日 (火)

萎えてます…

新しい曲を書くことから、随分遠ざかっている。いや曲自体は、いくつか案があるのだが…。詞を書く元気はなおさらない。近頃は、Shinさんの曲をアレンジするのでいっぱいいっぱいである。アレンジって難しいですよね。新しい曲たちを録音する元気もわかない。いかんなぁ~。(F)

2009年10月24日 (土)

読書の秋

みなさん読書週間が始まりますね。本を読むのは、好きですか?私の好きな作家に山崎豊子という人がいますが、『不毛地帯』TV化しましたね。面白いですね。そして、今日から『沈まぬ太陽』の上映も始まったとか…。『白い巨塔』や『華麗なる一族』,『不毛地帯』とは違って、映画化は、いろんな意味で無理といわれていたこの作品。是非、見てみたいと思っています。映画化ができたのは、政権交代なんかも影響しているのですかね。読んだことがない人、秋の夜長、是非ご一読をお奨めします。(F)

Img_1593

2009年10月20日 (火)

SONHOUSE

Img_1591 故あって,近頃聴き返しています。その訳は,もう少ししてからDIARY上でアナウンスしますので待っててください。SONHOUSE聴くとやっぱ熱くなれますね。余計なものは一切無し…って感じです。これLPなんですけど,針跳びするんです(涙)。CD買おうかなぁ。今も売ってるのかなぁ?(F)

2009年10月18日 (日)

唐房男

Tobodan_2  10月も半ばを過ぎ,そろそろ今年を振り返る季節となりました。

 今年は,3回のライヴをしましたが,あることに気づきました。何かというと,全て唐房男さんと一緒にライヴをしているということです。だからどうした…と言われてもこまりますが,ふと気づいたもので書いてみたまでです。とにかくお世話になったなぁということです。唐房男さま,ありがとうございました。

 そして,音楽仲間が,また少し増えた1年だったような気がします。ミュージシャンの皆様,今後ともREBELをよろしくお願いします。

 あと1回くらい今年のうちにREBELで小さいライヴをやりたいなぁ~。 (F)

2009年10月14日 (水)

FULL NOISE

Img_1584 ♪ ポケットの中には,爆弾がいっぱい 退屈な君の頭をぶっ飛ばしてやろうか~♪

                         from 『爆弾』 by FULL NOISE

 みなさんは,FULL NOISEというバンドをご存知だろうか…?ベスト10にランキングされるような音楽より,誰も知らない一流のカッコイイ音楽が聴きたかった。そんな僕の10代の終わりごろ,大好きだったFULL NOISEというバンド。退屈な僕の頭をぶっ飛ばしてくれたFULL NOISEというこのバンド。結局プロには,ならなかったが最高だった。大学の先輩からか,友だちからか忘れたが,どこかでもらった,FULL NOISEの1982年6月26日大博多ホールにてのライヴのカセットテープ。実によく聴いたものだ。

 その貴重なテープもどこに行ったか分からなくなって寂しく思っていたのだが,その音源が2001年にCD化されていた。しかしその時発売を知らずにいた僕は,そのCDを購入できず終いとなっていた。それから随分たってから欲しかったその1枚がようやく手に入る。

 25年ぶりくらいにその音源をクリアな音で聴きなおしたわけだが,ヴォーカルのマサル氏のMCまで,しっかり覚えていたよ。いやぁ~やっぱカッコイイわぁ~。マサル氏は,CD解説の文中で「ミスがたくさんでヘタクソな演奏」と謙遜しているが,この勢いにこそロックのカッコよさが凝縮されていると僕は思う。上手いだけのバンドを探すならそれこそ星の数ほどいるのだろうが、僕の心を揺さぶるカッコイイバンドは,そうたくさんはいない。もちろん僕にとっては、このバンドも充分上手すぎると思うのだが…。

 アマチュアがインディーズと呼ばれ,値札をぶら下げたプロよりすごくカッコ良かったあの博多ライブハウスの80年代に育ったことは,本当に幸せだったと僕は思う。マスメディアからしか音楽を入手できない奴らをどこか馬鹿にしていたっけ。

 今の人たちを悪く言うつもりはないが,自分だけの音楽を持つ喜び,極一部の知ってる者しか分からない音楽を感じる喜びを知らないのは,少し可愛そうな気がする。そしてそんな現代の中で頑張っている,アマチュアというだけで見向きもされない若き才能溢れるミュージシャンたちを不憫に思う。

 あの頃は,ロックがそう簡単に手に入る時代ではなかったから,ロックファンも努力が必要だった。だからこそ手に入れたロックは,今も色褪せないのかもしれない。

 単に歳を取って,ノスタルジックになっているだけなのだろうか…。

 そのうちまた,FULL NOISEの生演奏が聴けるといいなぁ…。それまでは,このCDを大切に聴き続けよう…。(F)

Img_1590

2009年10月 8日 (木)

Shinさん Goes On!

Photo_2 ShinさんのBAND,Kakineが今度の日曜日にライヴをShinさんの地元,鹿島市でおこないます。私も見に行きたかったのですが,あいにくその日は佐賀で結婚式に出席しなくてはいけなくて、行けません。都合がつかれる人は、是非見に行ってください。Kakineは,地元ではとても人気があり,その日はとりを務めるそうです。乞うご期待!詳しくは、Kakine HP へ Jumpしてみてください。

REBELは、しばらく活動がありませんが、Shinさんの活動は続きます。REBELの時とは、また違ったShinさんのメロディアスで美しい歌声が聴けます。まわりのメンバーもカッコいいよ。応援ぜひ、よろしくね。(F)

2009年10月 6日 (火)

あのBANDが再び…

私のルーツとも言うべき、あのBANDが,年末再び戻って来てくれる。必見。(F)

Img_1555

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »