2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月27日 (月)

世界がROCKを大好きだったあの頃…

昨日のFUNKYのマスターのFMラジオ出演、楽しませてもらいました。素敵なROCKを紹介してくださり、ワクワクしました。やっぱりROCKとラジオは切っても切れない間柄のように感じます。素敵な音楽を紹介するDJの役割は、たいへん大きいんじゃないんでしょうか。マスターこれからもいかすROCKを僕らに紹介してください。

というところで、今夜は、友人から借りていた『パイレーツ・ロック」のDVDを見た。ポップス放送が制限されていた60年代英国で、船の上から24時間ロックを流すといった、文字通り『海賊ラジオ局』のお話。当局とのやりとりは、僕らの今に通じる物がある気がする。

ラジオで素敵なロックに出会い、レコードが何よりの宝物だった人たちには心にグッと来る物がある映画です。50曲を越えるロックの名曲がきけるだけでも見る価値があるかも。思わずROCK’N’ROLLと叫びたくなりました。やっぱり、ROCKが輝いた時代に生きてきて良かった。それじゃあ、またね。

(F)612adyonnnl_2

2011年6月26日 (日)

ライブイズビューティフル・ライフイズビューティフル

 HATTORIです。

8月7日、ライブに参加します。全員が楽しめる素敵なライブにしたい。

このライブを主催される、ロックパブ「ファンキー」のマスターが、FMからつの番組に出演されます。


時間は、午後1時。

ぜひ、聞いてみてください。よろしくお願い致します。


 ライブは、文字通りライブ感が素敵。

何が起こるかわからない。

だから何が起こってもいいようにそれまでの準備が大切。
当日の演奏は、それまでの準備があらわれる。
ミスした、しなかったなんてことはあまり問題じゃなく、大切なのは、見ている人に伝わる「何か」。

それは打ち上げでわかる。

嬉しい言葉をいただくと、終わった満足感は無限大。
気をつかわれると、あまりよくなかったんだな、とちょっとだけ落ち込む。それと怒り。

こういうことをまだ経験できるということは、とても幸せなことです。
次のライブも楽しみです。 たくさん参加してくれると嬉しい。


 話は変わって昨日、尊敬する兄貴・姉貴たちと酒を飲みました。酒は、こんなふうに飲みたい。
迷いながら、仕事をする毎日。自分の考えと似たものをわかりやすく話してもらうと勇気をもらえます。

内容は、教えてあげない。

そこにいるだけで大丈夫な人たちとのこの会。宝物です。 元気で!

Img_379955_43165136_0


2011年6月20日 (月)

Good Bye BIG MAN

Img_1507_2   サックス奏者、クラレンス・クレモンズが18日、69歳で亡くなりました。また、大切な方が亡くなられてとても寂しい気持ちです。

 僕にとっては、ブルース・スプリングスティーンのEストリートバンドのサックス奏者という印象の人です。10代の頃、彼のサックスの力強さに勇気づけられたり、音色の美しさに優しく包み込まれ癒されたりした夜は、何度もありました。心からご冥福を祈ります。

 上の写真は、今も大事に僕のスタジオにおいてある、その頃のLPを撮った写真です。今日は、このアルバムを聴きながら、ボスの『走るために生まれてきた』というメッセージを思い出してみたいなと思っています。

みなさんも、聴いてみたいと思われる人は、下のアドレスに飛んで、しばし彼の名演を味わってみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=yJDwfonHYro&feature=related

クラレンス、今まで素敵な音楽をありがとう。これからも、天国から僕らを勇気づけてください。さようなら。

(F)

2011年6月15日 (水)

HEAT WAVE

 HATTORIです。
 
 昨日、HEAT WAVEのライブをUSTREAMで見ました。


すごかった。


演奏への気合もそうだけれど、歌詞が前面に押し出される調整。聞こえてくる歌詞が「今」に突き刺さる。2時間を超えても演奏は終わらない。山口洋氏が語りかけによる主張をされた。すべてが、ベストなパフォーマンス。プロ意識と問題意識を見せつけられて、私は画面から目が離せなかった。


 私とHEAT WAVEの出会いは、(F)氏。初めて聞かせてもらったときの衝撃は今も鮮明に憶えている。


「メ・・・メロディがない。」


音楽に乗って話し言葉を発しているような感じでした。こんなの聞いたことがない。
20数年前の当時からかっこいい演奏に研ぎ澄まされた歌詞。私の中でのヘヴイローテーション(AKB?)になりました。
当時、仕事に就いたばかりの私は、初任者故に参加しなければいけない研修に参加した帰り道、カセットテープから流れる歌を一緒に絶叫していた。
「らん・らん・らん」という曲の中にある、


「僕は自由だ!」


という部分を叫ぶときに、剣道や、実家、人間関係から解放されたいという思いが浄化されていた。


 時が経ち、HEAT WAVEは、私の中では「大人」になり、ほとばしるようなエネルギーをストレートに発しないバンドになっていました。今でも好きである。でも、心揺さぶられることは少なくなってきたのが少し寂しかった。


 というところで、昨日。嬉しかった。本気(?)になった。やるじゃないか山口!私はパワーと元気を受け取った。
私も、演奏で自分にもライブに参加した人にも元気を掴んでほしい。

 音楽は素敵だ! 元気で! 私は元気。


122986372432916319398_umi_2008122_2


2011年6月13日 (月)

雨とサッカー

 HATTORIです。

 今年は、サッカーに関わっています。サッカーは、ほとんどの天気には左右されない。

水が入った田んぼのような状態のグランドでも当たり前のように試合が行われる。


当然のことながら、審判も参加する。


アシスタントレフェリー(ラインズマン?)は同じところしか走らないから、何千・何万という自分の足跡の上を走り続ける。


自分の足跡で捻挫しそうになったのは初めてだな。


ただでさえ急なゴー・ストップが難しくなってきたのに田んぼ。

けつ(おしり)が筋肉痛。

でも、何故かワクワクする気持ちがあることも事実。

雨にぬれて気持ち悪いのは、1~2分。あとは、何だか気持ちいい。


何でしょう?


自分の野性の解放。


サッカーは面白い。


過密なスケジュールにならないなら。

元気で!

1


2011年6月12日 (日)

雰囲気

HATTORIです。

昨日は、REBELのリハ。

久しぶりに4人揃いました。4人が、それぞれの場所で経験してきたことを持ち寄った素晴らしい物になりました。

ということはないけれど、THE ROOSTERZ のライブを見たことがモチベーションアップに繋がっていることは確実。

音が分厚くなったかな。

まだ、粗い段階だけれど手応えあり。これからが楽しみ。

ドラムに関しては、今も新しい発見の連続。メロディーを奏でないのにすごい楽器です。

今は、手数よりも雰囲気。

これは手数を多くできないことの負け惜しみではない。
雰囲気を大切にしていけば、そのうち必要な手数はついてくる。と思うようになったのです。

バンドの曲を活かす、いかすドラムを叩きたい。 なんちゃって。 元気で!

Photo


2011年6月11日 (土)

夏は野外だ!

Img_1303_2  梅雨真っ只中、いかがお過ごしでしょうか。そろそろ夏も近づき、今夏の予定もちらほらと決まりつつある人もいらっしゃるかもしれませんが、8月7日の予定は、空けておいてください。唐津市湊町、立神岩付近での野外ライブに参加させていただくことが、決まりました。夕方3時半くらいから9時くらいまでの結構長いイベントになりそうです。老若男女こぞってお越しいただきたいと思っています。出演者数は、9つくらいになりそうですが、詳しいことが分かったらご連絡します。夏は、海辺の野外ステージで、ビール飲んで、旨いもの食べながら、ライヴを楽しみましょう。

写真は、いつもREBELを応援してくれる若者たちです。先週末、我が家へ遊びに来てくれて、バーベキューをやったときのものです。とても心優しい若者たちです。彼らの地元、湊でライヴがやれるのは、本当にうれしい限りです。家族全員でいらして、はっちゃけてください。

 それ以外にも、8月末にライブが入るかもしれませんので、詳しいことがわかったら、連絡しますね。今年の夏も、REBEL ROCK'N'ROLL をよろしくお願いします。

(F) 

Img_1305 Img_1302 Img_1300 Img_1307

2011年6月 7日 (火)

楽しい酒

 HATTORIです。

 私は、酒が好きです。日本酒というわけではないけどね。

 中堅(ベテラン?)と言われる年になってくると自分の為に自分が心許せる人とだけ飲むというだけではすまんことが多くなりました。ちょっと前までは、それを楽しもうと努力してきたけれどここ最近その気持がぱたっとなくなった。

 年を取ったのかなと思っていた今日は、久しぶりに楽しい酒。これは、元気になる。自分がしたい話をし、吐きたい毒を吐き、自分のペースで飲む。


幸せ。


 よく考えたら、そういう場があることがもっと幸せ。週の初めではあるけれど、二日酔いになんかならん、ということで神様には許してもらおう。

 本日、とあるミーティングがあり、今後の活動の方向が見えてきました。詳しくは後日アナウンスしますが、ちょっとだけ言うと、ものすごく気合の入るものでした。

 何一つわかってもらえないような書き方で申し訳ないです。

多分、後日(F)氏から詳しくお知らせがあるのでそれをお楽しみに。

私も、それを楽しみにします。 音楽は素敵だ。 元気で!

Images_1


2011年6月 2日 (木)

馬鹿野郎!

 HATTORIです。

 政治家を信用してはいなかったけれど、この御方たちは、本当に馬鹿なんだな、と思ったのは初めて。
今の時期に、首相への不信任案。そんなことをやっている場合ではない。ということくらい分からんのか。

 私は、政治について人に説明できるほど理解しているわけではない。だから本当は「深い考えがあっての不信任案」、と思わなくてはいかんのかもしれないけれど、どうしても思うことができない。
馬鹿にされたような感じがする。一般国民にも見透かされるような行動をしている人たちを支持する気にはならん。

 今日初めてこの国の政治家を恥ずかしいと思った。

Img_107230_531839_0


2011年6月 1日 (水)

三原さん

 HATTORIです。

 (F)さん。さぼっていました。すみませんでした。

 さて、以前(F)氏から紹介されていた。ドラマー三原さんのブログ。

時々覗いていました。理論的なこと、感情的なことがいい具合に混じっていてとても面白い。

ここ数回は、The ROOSTERZのライブの話題です。あのライブを見ていたので、リハには全然参加していないのに、ものすごく臨場感があります。なるほどな、と思うところ。プロでもそうなのか、と思うところ。楽しい。

ぜひ、覗いてほしいです。特にライブに行った人には。(行ってない人にも十分に面白いと思うのですが。)

 で、そのライブシリーズの前に、「ビートは4種類だが、無限にあるのだ」という文があります。

これがまた面白い。

 大切なのは、基本的なビートをきちんと刻めること。その上に色々なアレンジが乗ってくるのだ、ということ。

自分では大切にしていたようで、実は基礎が不安定なのにアレンジ(のようなもの)に走ろうとしてドツボにはまっていたのだな、と思います。工夫することは、とても大切で、続けなくてはいかんと思います。でも、曲をきちんと聴かせるには、フロントがプレイしやすいように、というか安心出来るような「安定感」が必要だ。   

ストンと落ちました。

 アコースティックライブに参加した時、悩んで結局は超シンプルなドラムパターンになってしまったのだけれど、「曲」として伝わったものは、案外大きかったのです。

 何が大切か。次の練習が楽しみです。

すべてが一から、という感じです。ただ、今までやってきたこともある。
まあ、今までの積み重ねは、5cmのステーキのような厚さはないけれど、しゃぶしゃぶ用の豚肉程度はあるだろう。

ということで、練習します。視点をもらえたことに感謝。 元気で!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »