2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

phiten アゲイン

 HATTORIです。

 信じられるかどうか。

 今日のこと。

 車を運転している時、いつも手首に巻いているファイテンのバンドを何の気なしにMTのシフトノブに巻いてみた。
すると、いつもちょっと気になる2速から3速、4速から5速の入りがはっきりと感じられるほど良い。


 ちょっと「ゾッ・・・」とした。


まさかそりゃあないだろう。そこまでいったらオカルトの世界。


試しに外してみた途端に、明らかに2速から3速に引っかかり。笑うしかない。

またつけてみたら・・・・・、   いいんです。


 信じられるかどうか。


まあ、最後に付け加えるなら、その後外してからのシフトチェンジでは、巻いた時と同様の良さが何回かありました。

う~ん、どうでしょう? 元気で!

ちなみに、私はファイテン社の回し者ではない。

Images_1a


2011年7月26日 (火)

秘密兵器・・・

 HATTORIです。

 ライブの前になると、秘密兵器が増える。

もういくつめでしょう。今回は、


「ウッドビーター」


バスドラムを鳴らすビーターには、いろいろな種類があり、一般的なのはフェルト。

でも、他にゴムだとか、プラスチック、それにウッドがあります。

何の記事で見たのでしょうか、私が尊敬する池畑潤二氏がウッドのビーターを使っているとの情報を得て以来、どんなものだろうかと考えていました。

実際、何回か楽器屋さんで見ても「買おうかな?」、「どうしようかな?」と悩んで(というほど悩んでもいないけど)いました。

今回は、もしもお店にあったら買おうと思っていました。

 楽器屋さんでお兄さんにウッドとフェルトの音の違いを聞いてみると、ウッドの方が音が大きく、またはっきりするとのこと。
これはプレッシャーではあるが、何かまた違う面が見えそう、と思い納得。

でも、次に耐久性について聞いたところあたりからお兄さんの知識に「???」が感じられ始めた。

「割れやすいですか?」

と聞くと、「いや~、フェルトに比べるとですね。」(フェルトは割れんだろう)、

「バスドラムのヘッドに何か張っていたほうがいいですか?」と聞くと、「そうですね、ウッドですからね。」(答えが当たり前すぎるだろう)と、ニュアンスを伝えるのが難しいけれど、何だか「???」。

また、ドラムセットにタンバリンも取り付けようと思っていたところに扇形のシンバルにタンバリンの「ジャラン!」と鳴る部分がついたものを発見したので、またまたお兄さんに、「これは、どんな使い方をするのですか?」と聞くと、「カホンなんかと使って手で叩く人が多いですね。」とのこと。

なるほど、と思ったけれどその後実演してくれた手つきが怪しく、御世辞にもきれいな音なんかしなかった。

先に「ドラムセットでも使う人はいますか?」と聞いていたので、「セットで使うなら向こうの(いわゆる)タンバリンの方が、澄んだきれいな音がしますね」と言うと、「そうですね、向こうの(いわゆる)タンバリンを使う人が多いですね。」とのこと。

私の質問が悪いのか、帰ってくる答えに外れた答えはないけれど何かすっきりしなかったので、ウッドのビーターは買ったけどタンバリンは買いませんでした。

 以前、この店には店員さんが多く、またドラム専門の人がいて、ペダルを買うときやスタンドを買う時等に、こちらの質問に対してストンと落ちる答えが帰ってきていました。移転した今は、店員さんが少ない上に何だか話していてすっきりしない。

次からは「イシバシ楽器」だな、と思っていたらスティックを買うのを忘れてきちゃいました・・・。

まあ、いろいろあったけれど使うのが楽しみ。  元気で!


110726_230301_2


2011年7月20日 (水)

野音その1

Shin

 みなさん,梅雨もすっかり明けいよいよ夏の到来ですね。青空と積乱雲と夕立が真夏を感じさせます。今回のSUNSET LIVE IN MINATO 2011 SUMMER FESTIVALはLIVE HOUSE FUNKYさんを中心に唐津の音楽関係者のみなさんが力を結集して企画されております。自分は事前のミーーティングには参加をしていません。メンバーをはじめ,関係者のみなさんごめんなさい。

 チケットとフライヤーができています。C'mon everybody.

Img_03861

2011年7月18日 (月)

野分のまたの日

野分のまたの日
嵐のような日々が、終わりひと時の休息。
今日は、たまっていた仕事をさばくために、休日出勤。
仕事場には、僕ひとり。
なんか、こんな孤独も、悪くない。
(F)

2011年7月16日 (土)

直接対決

いよいよ明日は、MS2とFの対決です。こればかりは、互いに引くことはできません!

2011年7月15日 (金)

7月16日は…

明日は、Kakineのライヴの日です。鹿島のランバーというお店であります。みなさんよかったら応援に行ってください。私らは、明日(16日)は、1年間の仕事の集大成の日です。ちょっぴり、不安と緊張です。だから、Kakineの応援には、行けません。Shinさんごめんね。みんなにとって、明日が、良い日になりますように…。

(F)

2011年7月13日 (水)

ギックリ股間

 HATTORIです。

 ちょっと前に、股関節がギックリ腰状態。

ギックリ腰は、軽いものになったことがある。ふとした瞬間に、腰が「ギクッ!」となるのがギックリ腰。

その股関節版。

座っていてちょっと足を上げたときに股間が「ギクッ!」となっちゃったのです。
ありゃっ、しまったと思ってその日にすぐマッサージに行きました。
いい感じで揉んでくれたのですが、終わって立ち上がろうとしたら、股間に力が入らない。


「大丈夫ですか?」と聞かれたので、


「大丈夫じゃないです」と答えると、また寝かされ、股関節のストレッチ。

いい感じに伸びたように思ったけれど、立ち上がるとまた股間に力が入らない。

でも、これ以上ここにいたらどんな目に合うのかわからんので、無理して歩いて帰りかけたときに思い出したのがファイテン。

近くにショップがあるので股間をひきずりながら、ショップに入りました。

あるものを全部身体に装着したい感情を抑えて、自分の身体の状況を説明しました。
勧められたのが3500円のサポーター。ファイテンは好きだけれどこの痛みを取るには、いくらファイテンでもな~、と思いながらも購入。


装着した途端。痛みの70%が、なくなっちゃった。


私は、催眠術にはすぐにかかるのではないか、と思うくらいになくなっちゃいました。
痛みはある。でも、すごく楽。という感覚。

今もサポーターは手放せず、それにプラスして、☓30のテープに磁石のようなものを装着して股関節付近に貼ってます。


至極快適。


痛みは、外すとわかるのです。私は、ファイテンの回し者でも、宣伝マンでもないけれど、私にとってファイテンは安心感。素晴らしいドラムをたたくための必須アイテム。

気合とファイテンで、8月のライブを乗り切るぜ!

みなさん、ギックリ腰とギックリ股間にご注意を!

元気で!

Images_1


2011年7月 9日 (土)

バンドを続けるって…

 このホームページのLINKを見ていたら、ほとんどのバンドが、解散したり、活動停止になったりしています。若いバンドは、かっこたる目的があってバンドをやっているから、その目標に近づけないと、やはり解散ということになるのかもしれませんね。

 まぁ、僕らだって目標はあるけども、ゆるゆるですし、続けること自体が目標なのかもしれないし…。

 2004年にREBELを始めて、かれこれ7年が過ぎた。バンドを続けるって難しいものですが、変わらぬ仲間に感謝しています。

 そして、応援してくれる方々がいるから、続けられているわけで、本当に感謝しています。愛しています。今度のライヴへ向けて、チケットを購入してくださった皆様、特に愛しています。

(F)

Love

2011年7月 4日 (月)

なかなか覚えてもらえない

今年の夏は、3つも大きなライヴに出るんで、忙しくなりそうです。

ポスターもできたりして、段々とその気になってきました。

しかし、そんな中で、ポスターにバンド名が間違って印刷されているのを見つけると、ちょっとがっかりします(涙)。

僕らのバンド名は、REBELです。

LEVELとかREVELとか書かれていることが時々あります(悲)。

どうでもいいことかもしれませんが…。やはりそこは…ねぇ。

REBELとは、「反抗する」、とか「抗う」とかいった意味なんですよぅ、メ~ン。

ROCK’N’ROLLは、REBEL MUSICだと僕らはいまだ思っていますよぅ、メ~ン。

僕らのバンド名は決して、「レベルが高い」とか「低い」とかいう時の「レベル」じゃないんです。よろしくたのみますよ、みなさん。

REBEL・・・・・・・僕らは、今もいろんなものに、抗って、生きています。

キミもきっとそうでしょ!?

(F)2986161615_361f5e66b0

           名前と綴り、ちゃんと覚えてね!

2011年7月 1日 (金)

形ある物はやっぱり壊れた

Img_03761

Shin

 ずっと我慢して使い続けてきたDのブルースハープがとうとう壊れてしまった。ただねじが外れて無くなっただけだが,非常に使いづらい。はりがねで修理してやろうかと思ってはいたが,まあここは,新しい物にバトンタッチでもいいかなと思い,ホーナーのブルースハープにチェンジ。これで随分音はよくなるだろう。?か?ピカピカですなあ。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »